2部(Respond to Light)

(構想中)

ルカはサレンアーデに連れられ、もう一つの研究施設に連れていかれる。
偶然のやりとりからルカはルシェと名前を変える。
苑国という存在理由をなくしたルシェと、セレイネイドという魂の片割れをなくすことによって、自分の命題をなくしたサレンアーデはともに等しい存在になっていた。
彼らはなくした存在理由を肯定できず、互いの中にその残りを探そうとしたが…。

素材が理由で研究素材としての価値もないルシェ、何をされるでもなく、忘れられたように存在が置かれすぎていく日々と、サレンアーデによってセレイネイドの残りかすを求められ試される日々と(具体的に言うとたわいもないおしゃべり)
サレンアーデにとっても成果のない日々が続く。

(まだ構想中。もう少し何か動きがほしい)

  • 最終更新:2017-05-25 04:39:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード