蝋燭と杯

 暗闇の中に蝋燭があった。
 蝋燭のそばには杯があった。
 杯の中には酒がある。
 蝋燭は自らの光でその酒を照らす。
 杯はそれをひどく不愉快に思う。
 なぜならその酌まれた酒は、ただの水かもしれないからだ。
 杯は、その正体を見破られることをひどく恐れいていた。
 蝋燭は言った。
「もしそれが水だとして、そうしたらその水で僕の炎を消せばいい。そうすればそれが水だと知った僕はいなくなるだろう?」
 それを聞いた杯はこう言った。
「そうしたとして、それがもしも酒ならば、お前は更に燃えるだけだろう?ここが空になるだなんてごめんだね」
 それを聞いた蝋燭は黙って揺らめいた。
 杯の中に酌まれたものは、水か、酒か。
 その正体を杯自身も知らなかった。
 杯の中身を蝋燭にこぼせば、その正体は明らかになるだろう。
 しかし二つは暗闇の中でじっと黙り、どちらの可能性も試すことなく、ただ存在していた。

  • 最終更新:2015-11-15 22:17:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード